3章―4 間を制したい

 

翌日の昼、昼食を食べ終えた拓斗は調べものをする為携帯をいじっていた

 

「んー・・・あ、なるほどねぇ」

 

情報があったのか納得をしている

 

調べていたのは昨日のドル円急上昇の内容であった

 

ブログで情報発信しているサイトを見つけその内容を見て行くとどうやら昨日は指標発表が行われていた様だった

 

指標発表で予想以上の良い結果が出た為相場の意識が買いになったみたいだ

 

ただいつもよりも買いの意識が強かったみたいで予想以上に上昇したというのが今回の結果に繋がったという事であった

 

「やっぱり大きい理由ないとあんなに動かないよな、分かって良かった」

 

仕事もそうだが何かわからないが結果こうなったというのを嫌う拓斗は理由が分かり納得したようであった

 

そしてこのブログを見ていると色々な情報が過去にも書いてあったのでとりあえずブックマークしておいた

 

その後はチャートを見たりしていると昼休憩が終わり作業の続きを行い出した

 

・・・・・・

 

「さて、今日も始めますかー!」

 

仕事を終え部屋に帰りいつも通りの家事を行った後コーヒーを片手にFXを始め出す拓斗

 

表情は相変わらず楽しそうだ

 

見ているチャートはドル円

 

他の通貨も見てみたけど事前情報で仕入れていた内容にまずはドル円を理解するのがFXで勝つための近道と書いてあったのでドル円にしているのである

 

昨日の急上昇も落ち着いたのか上がり量も少なくなったチャートを見て拓斗はどちらに動くか考えていた

 

「ここで上がって・・・から下がって・・・また上がったなぁ・・・じゃあ次は下がるな!」

 

自分なりにチャートを見た後に水平ラインを使用し上昇と下降を把握する

 

そして出た結果を見て次は下降するだろうと予測し売り注文をした

 

チャートはしばらくの間持ち合いが続いていた

 

次に動くタイミングを待つため拓斗は席を立つことが出来ない

 

コーヒーを飲み気分を落ち着かせようとするが落ち着けない

 

「・・・この動くまでの間は居心地悪いな」

 

その後30分相場が動く事は無かった・・・

 

 

続く