まかなあの道しるべ

FXの記事を主に投稿しています トレードの記録も記載していく予定なので参考にしてください FXをこれから始めようか悩んでいる方からもっとレベルアップしたい方、全ての方に参考になる様なFXの小説を書いています 是非見て行ってください! また、このブログの無断転用はご遠慮ください

こちらをクリックしてもらえると励みになります!
興味持たれた方よろしくお願いします


人気ブログランキング

3章―8 トレードの日々

 

前回の往復ビンタで負けまくった後、さすがにショックは大きかったが落ち込んでいても仕方ないと捉え前向きに考える様にした

 

「良い経験が出来たとしよう。その経験をする為の最初のキャッシュバックだ」

 

拓斗のFX会社は最初に500円のキャッシュバックが発生する為その資金を使い今までトレードをしてきた

 

そして通貨単位は1通貨でしかトレードしていない為負け金は通算で1円しかなかったので全然金額的には痛くはない

 

「ただなぁ、デモトレードよりもお金かかっている分緊張感はあるけど0.1円とか負けてもあまり実感ないし物足りないな・・・」

 

緊張感が最初よりも薄れていると感じる、ゲームと捉えてしまえばデモトレードと何も変わらなくなってしまい、自分の性格上遊びが混じりそうで嫌だった

 

「よし、通貨を増やそう!次からは10通貨でトレードをしようかな」

 

これで今よりも緊張感を持てると思った拓斗

 

結果は・・・

 

良い方向であった

 

人によっては悪い方向だったかもしれない・・・・・・結果的に何回かトレードしたのだが損失の方が大きかったからだ

 

だが、拓斗は今、負けるのを恐れるよりもチャレンジ出来ない方が勿体ないと考えているので損失は気にしない

 

それよりも予想通りに通貨数を上げた事により前よりも緊張感が増えたのでより集中してトレードを行えるようになったのであった

 

1回のトレードで負けても10円であったが、その10円負けただけでも悔しかった・・・

 

スロットで5万負けた時と同様なくらいにすごい緊張感があり、負けたくないという強い意志を持てたのであった

 

そうやって勝ち負けを繰り返しながら(主に負けだが)気付ける点はどんどんメモを取っていった所、気づいたことがあった

 

「始めた頃よりは大分相場が見えるようになってきたけど・・・足りない点が多すぎるな・・・」

 

自分が今使っているツールはほぼ水平ラインのみであった、後は使っているがあまり意味が分からない為ほとんど使っていない様な状況であった

 

「まだ、必要なツールがありそうだな・・・」

 

そして拓斗は自分がよく情報を入れる為のサイトを見て一つのツールを発見した

 

それは・・・

 

続く

 

3章―7 考察の習慣

 

「うーん・・・」

 

寝言を言いながら寝がえりを打つ拓斗

 

「ピピピッ!ピピピッ!」

 

「あー・・・朝か・・・」

 

昨夜のインパクトが強く中々寝れず寝不足であった為起きるのに苦労する

 

〈あれは何だったんだ・・・何であんなにおれのエントリーする方向と逆に動いたんだよ〉

 

まるで相場が自分のエントリーするタイミングを把握しているかの如くの展開だったので狙われているのではないのかと錯覚を起こしてしまう程であった

 

とりあえず考えていても仕方ないので支度をし出す

 

そして、出勤し作業を開始しだした

 

―――――― 

 

昼になり昼飯を食べた後拓斗はまたスマホで昨日の現象について調べていた

 

「あ!あった・・・これか」

 

似たような現象の説明をしているサイトがあったので見てみる

 

内容は往復ビンタが起こる状況と詳細と書かれていた

 

【自分の使用している時間軸では持ち合い相場になっている時に初心者が起こしやすい事

 

短期足ではレンジ相場になっており、そこの高値と安値付近で向かう方向に動くと予想しエントリーをするが、エントリーポイントには水平ラインがある為反転してしまう

 

ライン付近まで来るとその方向に更に行くだろうという心理が働きエントリーをしてしまうが、勝ち組トレーダーはその心理を狙い反転する為思った方向に動かない

 

なので反転し負けを繰り返すため往復ビンタと言う】

 

昨日の自分が置かれていた状況と酷似していた

 

自分の中では高値安値更新しそうになった度にそのまま突き抜けると思いエントリーしたが結果反転し負けを重ねてしまった

 

「なるほど・・・勝ち組トレーダーは負け組の心理を狙い利益を稼いでいるのか・・・勉強になったな」

 

まだまだ学ぶ事が多いな。さすがにそう簡単には勝てないだろうけど、こうやって一つ一つを反省していけば利益につながるはずだ

 

考察の時間は大事だなと思った拓斗であった

 

 

続く

 

3章―6 往復ビンタ②

 

「な、な、何でだよ!!」

 

ドル円を売りでエントリーしていた拓斗だが、急な上昇が起こり決済をし、買いで注文をいれた直後の話である

 

上昇しこのまま上抜けするだろうと思っていたがエントリーした直後に下降が始まったのであった

 

「結局下降??・・・いや待てまだそこまでの下がりじゃない、ここから上昇するはずだ」

 

我慢を選択した拓斗は相場をただ眺め続ける

 

現状よりも少しだけ下がるとドキっ!としソワソワしながら決済しようか迷い出す

 

その後少し上がると今度はホっとなりもっと上がれと願い出す

 

そんなやり取りをしばらく続けていたが転機が訪れた

 

嫌な方向にであった

 

拓斗の思いと裏腹に下降しだしたのであった

 

さすがにこの下がりはもう上がらないと思い決済をする

 

決済をした後にやはり下げだったのだなと思い再度売りを仕掛けるが10分と持たずに上がり始める

 

完全に相場に遊ばれている拓斗は頭を抱えだした

 

「あぁーーー!!どうなってんだよこれ!何でおれがエントリーしたすぐに反対方向に動くのだよ!!」

 

イライラしながらとりあえず決済をする

 

さすがに買いでエントリーする気力は残っていなかった

 

「・・・・・・・・・」

 

心身疲れた拓斗は放心しながらチャートを眺めていた

 

幸いな事に上昇はすぐ止まりまた下降が始まりだしたのであった

 

下降は止まることなく下がり続けた・・・

 

当初の予定通りの方向へと・・・

 

 

続く

 

このページのトップヘ