まかなあの道しるべ

FXの記事を主に投稿しています トレードの記録も記載していく予定なので参考にしてください FXをこれから始めようか悩んでいる方からもっとレベルアップしたい方、全ての方に参考になる様なFXの小説を書いています 是非見て行ってください! また、このブログの無断転用はご遠慮ください

こちらをクリックしてもらえると励みになります!
興味持たれた方よろしくお願いします


人気ブログランキング

2章―15 なつの想い③

 

なつ:「拓斗と高校時代の話をしたくなってね、覚えてくれてて良かった」

 

そう言われた後、おれとなつは昔話に華を咲かせた

 

部活での最後の大会の話や文化祭・体育祭・・・

 

想いでを語るのは本当に楽しい・・・気が付けば1時間も話していた

 

昔の話もそうだが、やっぱり気の合う人との会話は楽しいと思う拓斗

 

昔付き合っていたくらいだからそりゃ気は合うかと納得する中で彼女を作るならこういう雰囲気を作れる人がいいんじゃないかなと思っていた

 

高校の時もそうだけど今もなつに惹かれているかと思うと急にドキッとしてしまう感覚を持ってしまった

 

拓斗:〈多分だけど今・・・なつと付き合ったら楽しく出来そうな気がする・・・っていうかこれって〉

 

拓斗は自分の中の気持ちが変わっていくのに気付く

 

拓斗:〈おれ・・・なつの事好きになっているよな・・・〉

 

なつの事が好きという感情が芽生えていた。多分なつも悪くても嫌いじゃないからまたやり直せるんじゃないのか?

 

二人のこれからを考える中拓斗はもう一つ違う思いが生まれていた

 

拓斗:〈好きになっているっていうよりも前からずっと好きのままな気がする・・・分かれた時だって嫌いになった覚えないし・・・何で別れたんだっけ?〉

 

夢の中の続きを思い出せば答えが出そうだが思い出せずモヤモヤとしている

 

そんな感情の変化が顔に出たのかなつは不思議そうにこちらを見ていた

 

なつ:「拓斗、どうしたの?急にしゃべらなくなって・・・」

 

拓斗:「あ、いやいや・・・ちょっと考え事しててね・・・で、何の話してたっけ?」

 

急に言われて慌ててはぐらかす拓斗を見てなつは首をかしげていた

 

なつ:「まぁいっか・・・ねえ、二人でよく帰り道一緒に帰っていたよね、あの時の星空キレイだったよね」

 

拓斗:「うん、あの時は進路の話してたよね。おれが就職するって言ってその後なつが自分の話をし出したよね」

 

拓斗はあの続きを思い出せずにいた。しかし知らないと言ってしまうとマズイ気がしたので知っているフリをしながらなつに話をさせる事にした

 

なつ:「拓斗は就職するだろうなって思ってたから想像通りだったかな、私はあの後東京に進学するって話したよね」

 

拓斗はそれを聞いて全てを思い出した

 

拓斗:「二人はまだまだ半人前みたいな状態だったから付き合うのは難しいって思って卒業前に別れたよね」

 

別れた理由が嫌いになったとかじゃなく、しょうがなくの結果だった事・もうあの頃とは違い一人で生活出来ている自信がある拓斗はやり直せると思った

 

なつ:「うん、あの時は仕方なかったよね・・・でも楽しかったなぁ・・・」

 

昔を思い出すような顔で話すなつを見て拓斗はなつに言おうとした

 

拓斗:「うん、あの頃は仕方なかったね・・・でも、今なら・・・」

 

なつ:「私ね・・・結婚するんだ」

 

なつが拓斗の言葉を遮り想像もしない言葉を発してきた

 

続く

 

こんにちは、まかなあです

 

今日は先日あったお話でみなさんに質問があるので聞きたいです

 

私は普段ブログ更新する時やFXの情報発信をする為にSNSを使用しています

 

使っているのはツイッターとインスタグラムなんですけど

 

先日ツイッターの方にDMが届きました

 

DMが届くのは結構あるのですが、今回はFXメーカーの方からのDMでした

 

内容としましては私の普段の投稿を見てこの人はFXの情報発信をしている人なんだろうと解釈されたみたいで

 

自分のメーカーを私を介して広告掲載して欲しいとの事でした

 

いわゆるアフィリエイトですね

 

で、条件としては口座開設を私を介してしてもらえればいくらかの報酬が発生するという内容でした

 

私は今までアフィリエイトをしたことがないので当然このような話が来たことがありませんでした

 

今回の話は最低6人口座開設をしてもらえればそれ以降報酬が発生するという話でした

 

私の現状の影響力ではそんな人数を招待出来ないと思ったので断ったのですが・・・

 

ここで質問になります

 

アフィリエイトで稼がれている方はこのような話が実際来るのでしょうか?

 

いや、正直な所騙されているんじゃないかと内心思ったのが強く断ったんですよ(ペナルティは無いって言われたんですけどね)

 

アフィリエイトの連絡ってこんな風にDMで連絡来るものなのでしょうか?

 

あと、こういう話で逆にお金を取られた・取られそうになった方っていますか?

 

今後の為にちょっと教えて欲しいです

 

みなさんよろしくお願いします

 

 

では!

2章―14 なつの想い②

 

頼まれた品物を美味しそうに食べるなつを横目におれはコーヒーを飲んでいた

 

なつ:「美味しい、ここのデザートってどれも人気あるんだよ。拓斗も食べてみたら?」

 

いやいや、いくら人気あってもそんなにたくさん食べる人はいないってと拓斗は思っていた

 

拓斗:「いや、おれはコーヒーで大丈夫だよ・・・」

 

目の前でこんだけ食べられるとさすがに食欲が無くなる。とても食べる気になれかったので丁重に断った

 

拓斗:〈昼飯抜いてきたのか・・・?どうやったらこんな細い体でこんな量食べられるんだろう・・・〉

 

拓斗の気持ちは裏腹に頼まれたデザートを食べつくしたなつはコーヒーを飲みだした

 

なつ:「ふぅ・・・美味しかった!評判通りの美味しさだったなぁ。また来ないと」

 

次来る時はもう少し量を減らした方が良いよと言いたかったが機嫌悪くなられても困るので言わない事にした

 

食べ終わり一息ついたタイミングでおれは話し出した

 

拓斗:「で、今日したかった話って何?」

 

聞きたかったので慌てて聞いてしまった。言い方によってはトゲがあるセリフなのでなるべくそうならない様気を付けて話してみたが大丈夫だろうか

 

なつ:「ちょっとね・・・確認したい事があったの」

 

機嫌は悪くなってないようなので大丈夫な様だった

 

ホッと一息つき次の言葉を待つ。どんな内容が来るか想像もつかないので緊張してしまう

 

なつ:「昔ね・・・高校の時の帰り道、一緒に帰っていたの覚えてる?」

 

なつの言葉を聞いて衝撃が走ってしまう

 

拓斗:〈昨日の夢の出来事は何かの暗示だったのか・・・?〉

 

心の中でつぶやく。昨日あの夢が出てきた事は今日の為だったのではないかと思ってしまうくらいであった

 

ゴクリと唾を飲み込みなつの言った質問の答えを答える

 

拓斗:「あ、あー・・・うん覚えてるよ」

 

昨日夢に出てきたなんて言ったら気持ち悪がられるだろうから違う返しを考えた結果単調な答えになってしまった

 

なつ:「良かった・・・ちょっと昔話したくてね」

 

なつは覚えてもらっていない不安があったのか手を胸に当ててそう言った

 

そして高校時代の話をし出したのであった

 

 

続く

 

このページのトップヘ